リサイクルトナーのメリット/デメリット

メリットについて


コスト面

純正トナーや汎用トナーに比べ、大幅にコスト削減が可能です。

リサイクルトナーの販売価格には、結構開きがありますが、もし、純正トナーをご利用中であれば、
1/2〜1/4のコストで利用可能です。

環境面

熱量を加えることなくリサイクルが可能で、Co2の排出量を削減します。
これは、カートリッジの再利用に止まらず、カートリッジ内の消耗部材に関しても、良品部材を積極的に再利用し、
廃棄するゴミの総量を減らす努力が行われています。

しかし、消耗部材は何回でも使用できるものではなく、リサイクル工場の長年の経験値より交換の
ルールを決定し『リサイクルトナーの品質の維持・向上と廃棄物の削減』の両立を実現しています。

 


 

デメリットについて


印字品質

新品トナーに比べ、不良率がアップします。新品トナーでも、初期不良はあり、1%ぐらいの確率でしょうか?

リサイクルトナーは、カートリッジの種類(品番)によって、大きく異なりますし、リサイクル工場によっても異なります。リサイクルトナーの不具合率は、2〜10%ぐらいと思います。

印字品質が劣る、ということではありません

色合い

カラートナーの場合、純正トナーと色合いが若干異なります。
純正トナーでも、メーカ/プリンタ機種により異なります

メーカ保証

保証対象外となり、なかには有償修理のケースもあり。

リサイクルトナーの保証を確認しましょう

 

→次へ

recommend

最終更新日:2017/1/31